ガーデニング初心者にもわかる育てやすい花・観葉植物

サルビアの育て方・長い間楽しめる育てやすい夏・秋の花

サルビアは初夏から次々と咲き続けるガーデニング初心者でも育てやすい花です。

サルビアは、初夏から秋にかけて次々と燃えるような赤い花が咲き続けガーデニング初心者でも育てやすい花で、花壇でおなじみの花です。赤花でおなじみのサルビア(サルビア・スプレンデンス)は一年草、ブルーサルビアの名前でしられる青や白の品種(サルビア・ファリナセア)やピンクの品種(サルビア・コッキネア)は多年草です。寄せ植えの素材にも欠かせません。

◆サルビアの育て方

サルビア

◆開花時期 5~11月  ◆苗の購入期 4~9月
◆草丈 30~60cm  ◆花色 赤、白、ピンク、青、紫
■育てやすい花 ■長い間楽しめる花
◆サルビアのおすすめ通販サイト

◆購入時のポイント
育てやすい花:サルビア
春から初夏あるいは秋に、ポット苗や鉢花として販売されます。種類が、非常に豊富で、花壇用の草花苗、またハーブ苗や鉢花として販売されているものが多いです。

◆サルビア育て方のポイント  
  • 用土の表面が乾いたら、早めにたっぷりと水やり。
  • 春から夏前にかけて追肥を与える。
  • 終わった花は花茎ごと切りとる


◆苗の植え付け
春から初夏あるいは秋にサルビアのポット苗を入手し、水はけのよい有機質に富んだ用土に元肥として緩効性化成肥料を施し、5号~6号鉢やプランターに15~20㎝間隔に植えつける。

◆用土
水はけのよい有機質に富んだ用土で、鹿沼土(赤玉土でも可)6:腐葉土4の割合で混ぜた用土を使います。市販の草花用培養土でもよく育ちます。

◆水やり
サルビアは極端に乾かすと花や咲く前のつぼみがポロポロ落たり、下の方の葉っぱが落ちてしまうこともあります。極端な乾燥に気を付け、土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えます。乾燥に弱いといってもあまりやりすぎると土がじめじめと湿っているような多湿状態では根が腐ってしまいますので気を付けましょう。

◆肥料
サルビアは肥料切れすると、株が張らず、花つきも悪くなります。緩効性化成肥料や乾燥牛糞などを元肥えとして十分すき込む他、真夏以外の生育期間中、10日に1回程度、液体肥料施します。

◆切り戻し
花の終了した後は花穂ごと切り取り、8月下旬頃すべての花を摘み取り、草丈を半分から1/3くらいまで切り戻して置き肥で追肥すると、側芽が出てきて秋には新しい花を継続して咲かせます。

◆病虫害
サルビアは夏に乾燥させるとハダニが発生して落葉し、急激に弱ることがあります。ケルセン乳剤などを定期的に散布すれば安心です。